line_cms.jpg

ホームページの管理が簡単にできる

 _top.jpg
cms1.jpg

高いお金をかけて自社のホームページを作ったとしても、簡単に更新ができない悩みはつきものです

ホームページを更新できる担当が辞めてそのまま放っておいたり、仕方がなく外注に出したら高い更新料金の見積もりを出されてびっくり。

社内では、「ホームページにいくら使ったんだよ、意味ないだろう」という考えが蔓延します。社長もさわらぬ神に祟りなしと放置状態。ホームページの重要性はわかっていても、結局、単なる会社紹介のネットパンフレットだから、多少データーが古くても、誰も文句は言わないだろうと思い、何年も放置状態になってしまいます。


 cms2.jpg

しかし、誰もがスマートフォンというPCをポケットに入れ、いつでも企業のホームページを観覧できる現代において、ホームページを持っていないデメリットは大きく、さらに、更新がされていないホームページは逆に企業の信用を落としかねません。せっかく市場にアピールできるアイテム、サービスを用意できても、ホームページに載せなければそのビジネスチャンスは永遠に失われるでしょう。大げさではなく、スマートフォンの出現により情報伝達の方法が大きく偏向し、ホームページの重要性はさらに高くなってしまっています。

どうしますか?ホームページを更新できる人材を雇いますか?それとも、高い更新料を払って外注にお願いしますか?

 

 cms3.jpg

まあ、ちょっと待ってください。

ホームページをアクティビティに使用したい企業様は情報発信の速度と費用対効果を考えた場合、やはり社内で更新するのがベストでしょう。しかも、更新者を選ばず、少ない期間で学習可能なシステムがベストです。

ホームページ上での発信を重要と考え、さらに、ブログ、ツイッターなどのSNSとホームページを連動させながら情報を発信したい、そのような、現在のネット社会の変化に対応したいと考えている企業様に朗報なのがこのシステムです。

CMSとはContent Management System(コンテンツマネージメントシステム)の略称。まさしくその名のとおりサイトのコンテンツを管理するシステムです。

ようは、テンプレートを開いてそこに内容を書き込み保存すると簡単にホームページが更新されてしまう優れものなのです。ほとんどHTMLの知識などいりません。ちょうど、ブロックを組み立てたり壊したりするようなイメージでホームページを更新することができるのです。いわば決まった作業を簡素化し誰でも簡単便利に管理ができるようにしたシステムがこれです。


 cms4.jpg

て、このシステムは、大企業や公共のシステムとして使われるため、高価な値段で提供されますが、さすがにそこまではお金はかけれない、という企業様もあると思います。さらに、そんな高価なシステムを使いこなせる社員もいないしと悩まれる社長もいらっしゃるでしょう。でも、ご安心ください。これらシステムの必要な部分だけをチョイスした簡易版を弊社で販売ができるようになりました。しかし、簡易版とはいえ情報発信ホームページ作成用として十分な機能を備えています。

勿論、機能を制限した簡易版ですので、お値段はびっくり仰天、この世界では考えられないリーズナブルな価格に設定できました。


   WEB2.0と騒がれた技術は、一時、何が2.0と揶揄されました。しかし、技術や社会的な認知が熟成されてくると、そのユニークなビジネスシモデルと重要性に皆、度肝を抜かれてしまいました。ユーチューブ、ニコニコ、ツイッター、フェイスブック、双方向の情報伝達技術はさらにWEB3.0へと進化する過程にあります。誰が、iPhoneがここまでビジネスにとって重要なアイテムになると予想したでしょうか、あまりにも過渡期に胡散臭いビジネスモデルが横行し、ネットは危険と思われていましたが、その底辺では少しづつしかし、確実に大きな変化を続けながら、巨大なネットコミュニケーションシステムを形成して今のビジネスモデルが作り上げられたのです。SNS、ブログ、ホームページのコンボによるネット販売ビジネスモデル。しかし、これもまた、大きな問題を含みながら日々進化しているビジネスモデルでもあります。

さて、今回弊社で紹介しますCMSは陳腐化されたように見えるホームページをもう一度ビジネスに役立てるためのアイテムです。ブログやSNSが盛況でホームページは片隅に追いやられているように見えますが、堅い企業様はこれらのコンボを利用しホームページに誘導してから売り上げアップにつなげています。その一番基本で大切なホームページが何も更新されていない状態ではどうしようもありません。もちろん、ホームページは企業の顔ですから、お金をたっぷりかけて豪華な写真と記事を買い、貼り付けることも大切です。ただ、ここは経営、費用対効果も考えねばなりません。見た目重視なのか、内容重視なのか。そこは、そのビジネス環境にもよりますので、どちらがいいという事はいえないでしょう。それでも、情報を重視し、コストパフォーマンスを追い求めるなら弊社のCMSはきっと御社にとって素晴らしいアイテムになること間違いありません。